ニュース一覧

低金利時代の長期化

女性

選択肢の多様化

日本は少子高齢化の進展によって不動産投資が難しくなる傾向があります。日本の富が高齢者に集中している傾向が顕著になっているため、不動産投資においても保守的な傾向が見られます。2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催を控えて不動産価格も建設費も上昇傾向が顕在化しており、不動産投資にかかる費用が従来に比較すると必要額が増加しています。グローバルに低金利の状況は継続しておりますが、建設価格の上昇を含めた不動産価格の上昇が阻害要因となっています。しかしながら不動産投資の対象物件は多様化する傾向があり、投資する選択肢は拡大しています。不動産価格は一件当たりの金額が大きくなるのでそれだけリスクが大きくなりますが、最近は不動産を小口化した金融商品が増加しているため、リスク分散を図れるようになっています。特に上場リートは情報の非対称性のある不動産情報を公開することで信頼できる情報を前提に不動産投資が出来るようになっています。商品としてもオフィス、マンションや商業施設などを単一で投資対象としている商品や複合的に投資している商品等多岐にわたっています。最近は投資先の広がりが拡大しており、物流施設や社会福祉施設を投資先とするリートも増加しています。また、将来のことを考えて個人的に不動産投資を始める人も増えているのです。現在では、不動産投資をサポートしてくれる会社も数多く存在するため、これから始めたいという人は、一度相談してみるとよいでしょう。