ニュース一覧

本格的に大家を目指す方法

積み木と紙幣

代表的な賃貸経営のプラン

4パーセント程度の安定した運用利回りを確保できるのが、不動産投資が注目されている理由であり、とりわけアパート経営が評判です。中古の一棟売りのアパートは2000万円程度で購入できるので、本格的に不動産投資を始めたいと考えている個人にも手ごろです。確かにアパート一棟当たりの賃料は年間で100万円程度ですが、複数の物件を所有すると、本格的な大家も目指せるでしょう。相続した土地を持っている場合には、アパートを新築する方法もありますが、多くの人たちが選んでいるのは中古アパート投資です。収益物件サイトで紹介されている中古アパートの中から、利回りや稼働率などで良い物件を選べるので、経験が浅くても効率的な不動産投資が行えるでしょう。けれども保有している物件のグレードを高めたいと考える不動産投資家は、一棟売りのマンションの購入にも意欲的です。投資用マンションの一棟当たりの価格は1億円前後ですが、建物の構造が重厚なので、将来的にも安定した賃貸経営を行える点が魅力的です。購入後は管理会社も賃貸経営をバックアップしてくれるために、全国各地に複数の物件を所有しているオーナーも安心です。更に成長性を重視している投資家が利用しているのは、所有している不動産を担保として活用する、低金利のローンです。銀行などの金融機関も不動産投資用の借り入れプランを提案してくれるので、優遇金利の融資を上手に利用すると、短期間で賃料収入も増やせるでしょう。